キャッシングの体験談を有効に活用しよう

何でもそうですが知らないことを始めるにはそれなりの知識や経験則がなければ不安です。こと、キャッシングに関してはお金が絡むことは元より、その稼げていないあるいは貯められていないお金を借りるのですから必然的にシビアでなければなりません。そんなこれからキャッシングをしてみようと言う人に向けて私のキャッシング体験を書きます。

まず何故キャッシングをすることになったのか?ですが、これは単純にその月の生活費が足りなくなったからです。当時は若く度重なる飲み会や仕事関係のお誘いを断る術がなく全てに参加した結果それまでコツコツ貯めていた貯金もほとんどなくなりおまけに生活するのも危なかったのでとりあえず今月生き残るために借りました。

借りた時は何か後ろめたい気持ちと救われた気持ちとで複雑でした。やはり借りたからには返済をしなければならないため、やりくりを考えなければと言うプレッシャーもありました。

職場がある程度大きい企業で同世代と比べても収入は多かったのとこれまでの支払いは滞納や遅延も全く無かったので審査は全く問題なく通過しました。キャッシング会社によっては滞納や遅延でも契約が難しくなるところもあるようですが、いわゆる未払いがなければ大体は通過出来るようです。

ただキャッシングを1度してしまうと手元にカードが残ったり、ATMにも入り慣れたりしてしまうので軽い気持ちでキャッシングはしない方が良いと思います。

何故なら、キャッシングはすればするほど金利で損をしてしまう、つまり返済の額が増えるので完済までに時間がかかればかかるほど返すお金が増えます。これは借りる前に思ってる以上に厳しいことですので、借りるときは知識を身につけ返済の計画を立ててから借りるとこをおすすめします。

出典:キャッシング船長【即日融資可能なキャッシングを一覧で徹底解説】

借金返済で苦労しないために

借金返済で苦労しないために大事な事についてお話していきます。今では借金をしている人は決して珍しいというわけではなくて、多くの人が何らかの借金を抱えているというのが現状です。

しかし、大半の人がうまく借金返済していてそこまで問題になっていないですし、負担もあまりかかっていないです。しかし、中には借金返済が負担になったりしてかなり苦労している人もいるのです。

そこで、どのようにしたら苦労しないかといいますと、まずは借りる額です。自分の収入に対して借りる額が大きいですと、どうしても借金を返済する時に苦労してしまいます。すると、上手く返済できなかったり、生活にも影響してきたりといった事がおきてしまいます。

場合に酔っては債務整理もしなければならなくなります。債務整理の弁護士費用の相場はある程度高いです。どうしても避けられなくなる前に何とかしたいものですね。

しかし、自分の収入に対して負担がないくらいの額を借りるようにすればそこまで生活に影響したり、延滞してしまうということもほとんどないです。

次にうまくお金をコントロールしていくと言う事です。きちんと家計簿を付けて、返済日には返済しなければいけないお金を所持しておく事が大事になってきます。お金の管理をして行く事が大事になってきます。

以上のような事をしていけば、借金返済で苦労しないという事になる可能性が高いです。

大学生の頃、ギターが欲しくて学生ローンを利用しました

私は大学生のときにバンドを組んでいました。ギターを担当していました。友人からもらったギターを使っていたのですが、バンドが順調になっていくにつれてもっと良い音を出したいと思い、20万円のギターが欲しくなりました。

当時アルバイトをしていて、月10万円ほどの給料をもらっていました。ほとんど生活費とバンドの活動費でなくなりました。貯金は一切していなかったので、20万円のギターを購入することはかなり難しいことでした。でもそのときのタイミングでどうしても手にいれたくて、学生ローンを利用して20万借りました。月々の返済額を1万円にして、24回払いです。当時2年生になりたてでしたので、順調にいけば完済は4年生の春です。

私はアルバイトのシフトを増やしました。月に約12万円貰えるようになりました。しかし、バンドが順調になるにつれて活動頻度が上がり、なかなか月1万円ずつ返すことが難しいくなっていきました。どうしても返済できなくてメンバーに一時的にお金を借りたりしたこともありました。両親に頼みこんで借りたときもありました。借りているときはメンバーにも両親にも申し訳ない気持ちでした。

結果的に順調に返済をしていき、予定通り大学4年の春に完済しました。その2年間はかなり辛かったです。忙しくしている学生にとっての1万円は大きなものです。借金を返済したときには心が晴れやかな気分になれました。その後は計画的に貯金をするようになり、借金をしない生活を送っています。

借金返済は慣れる事が一番の近道です

借金返済で一番苦労した事は、自分の浪費癖を治すことです。借金をするというのは、大抵が自分の収入以上に支出をする事で、支払いが出来なるなるので借り入れをするという事だと思います。実際私も浪費癖はなかなか直らず、お金は返さなければならないと思っていても、つい物を買ってしまうという事を繰り返していました。

毎月の返済額を返せばとりあえずは良いだろうと思い、残りの分を使ってしまう。その繰り返しを何年も繰り返してしまうのです。

この状態が続くと、やはり精神的に参ってしまいます。この生活があと何年続くのか、このままで借金は無くなるのか常に考えてしまいます。

この状態から脱却するには、自分の考え方を根底から直す必要があります。

今までは少しなら使っても大丈夫だという思いが常にありました。この考えをやめるのです。

私の場合は、毎月使える金額を決めて、それ以上はなにがあっても使わないという事をしました。当たり前と言えば当たり前です。借金を減らすには結局コレなんですよね。おかしな方法で借金を減らそうと思っても増えていく一方です。この基本にそって返していくのが一番です。

ですが、この当たり前の事が今までは出来なかったのです。実際この方法をやり始めたときは本当に辛かったです。ですが、3ヶ月くらいを過ぎた時に、だんだんと慣れてきました。もともと浪費家タイプの人が節約タイプになる事自体が大変なのですが、まずはとにかく一歩を踏み出す事で借金返済に近づくと思います。

心の弱さが招いた借金癖 最後は500万に膨れ上がりました

あまりににも簡単に借りれる消費者金融。でもその簡単さが癖になり、いつのまにか借金が500万円に膨れ上がっていました。

そのうち新規で貸してくれる会社もなくなり、借りた金を返すためにわずかに残った融資枠をたよりにまた借りるという出口のない自転車操業に追い込まれました。

そんな時に限って勤めていた会社が倒産。職まで失ってしまって・・・。正直天井のはりを眺めたこともありますが、弱い私にはそんなことをする勇気もありませんでした。

その後なんとか、工場の臨時作業員の仕事を見つけて働き始めましたが、連日つらいことばかり、なれない現場作業の上に危険な高所作業なのです。

500万円も消費者金融からお金を借りたらつらいですね。利息をなんとか払うだけで、元金なんか全然減りません。なんだか利息を払うために金融会社から働かされているような気分になります。

そんなすさんだ生活を2年くらい続けたある日、休みの日にたまたま本屋さんで見かけた特定調停の文字。これまで借金を清算する方法は自己破産しかなくて、しかもお金がかかると思い込んでいました。

ですが、特定調停は借金は清算できないものの、毎月の返済額が減って、しかも手続きに時間もお金もそんなにかからないのです。

それからは借金を減らすために嫌な職場で懸命に働きました。それでも完済までに4年かかりましたね。でも本当に嬉しかったです。まるで、生き返ったような、新しい人生が開けたような気分でした。あの時の開放感は一生忘れられません。

しかし、若い頃から借りたお金で遊び続けた代償は大きいです。なぜならその時私はすでに50歳を越えていたからです。

返済苦のストレスと依存症…夫の場合

借金依存症、という言葉を聞いたことが無いでしょうか?

借金に依存する、というと、生活が苦しくて、借りては返しの自転車操業のことを言っているのかな?と思う方もいらっしゃるようですが、そうではありません。

借金依存症というのは、「借金することが快感で、返済が終わると不安やストレスを感じ、また、すぐ借金をしてしまう。」という、とても奇妙な症状をもつ病気のことです。依存症は、精神疾患の一つですから、俗な言い方をすれば「精神病の一つ」ということになると思います。お酒やタバコ、あるいは、薬物のように、「悪いと分かっていて、やめたくてもやめられない」という症状があって、家族が一生懸命手助けしてあげてもダメ、肩代わりをしてあげると、余計に悪化するという非常に厄介な病気です。

私の夫は、この、「借金依存症」でした。でも、皮肉なことに、結婚するまで、依存症だとは思いもしませんでした。それで、結婚してから高額の借り入れがあることに仰天し、必死でやりくりをして、どうにかもうすぐ返済が終わる、というところまで来たとき、とつぜん、うつ病になりました。そして、隠れて借り入れをしていることが発覚したのです。自己破産をして、もう、借りられない、という状態になったら、うつ病は悪化してしまい、入院している病院で、初めて「借金依存症」の話を聞きました。

こう言う状況になると弁護士に依頼するしかないように思います。借金返済の弁護士費用がきになるところですが、ここにかかれていました。

結局、返済はなくなったものの、生活していけなくて離婚しました。今の貸付制度って、こういう病気についてはノーチェックで、そのせいで再発を繰り返している人も多いんだろうと思います。行政がきちんとこういう病気についても、なにかの方法で規制をしてくれたらいいのに、と、今更思っています。

借金を肩代わりして貰いました

数年前に、500万円程有った借金を弁護士へ依頼し、債務整理しました。
毎月、各社への支払い合計金額は6万円程で、債務整理に含めなかった車のローンの
支払いも毎月1万円程有り、手取り手取り16万から18万円程のお給料の中での、
やりくりは、とても大変でした。
そんな時に、当時、お付き合いして居た女性に赤ちゃんが出来た事が解り、結婚をする事にしましたが、全く貯金が無く、借金だけが有りました。
500万円程の借金を債務整理する時に、彼女に相談し、弁護士を紹介して貰った為、借金が有る事は解った旨での結婚でした。
結婚してから、彼女の実家に婿養子に入り、家賃は掛からないとしても、毎月の
水道光熱費に食費・様々な生活用品にお金が掛かります。
食費に関しては、転勤の為、他県に住む彼女のご両親が、食品を毎月のように、冷凍して宅急便で送ってくれたりした為、食費はとても助かりました。
しかし、出産に向けて揃えなければいけない品物が多数有り、奥さんの妹に、
お下がりを貰ったりして、揃えました。
無事に赤ちゃんが生まれて数ヶ月後、どおしても生活が苦しくなってしまい、電気も止められる寸前まで行ってしまい、実家の両親に借金の事を打ち明けましたが、高齢で年金暮らしの両親では肩代わりが出来ないと言われてしまい、奥さんのご両親に
相談し、全額を一括で返済して貰いました。
奥さんのご両親から「すぐに使うお金では無い為、子育てが落ち着いて、娘が働くようになったら、返してくれればいいから」と言われました。
あれから、数年経過していますが、子供も幼稚園に入園し、奥さんもパートに出て
くれているので、毎月のパート代の中から、奥さんのご両親に返済しています。

借金返済で苦労したのはお金を稼ぐこと

借金があると生活も非常に難しくなります。自分は様々な仕事の失敗で大きな借金をしていたことがあります。また、仕事で失敗すると借金の額も非常に多くなります。その借金を返すために最初から新しい仕事を始めました。

一からお金を溜めるのは非常に難しいと思います。私はこれまでのキャリアを活かして借金返済のために努力していきました。しかし、新しい仕事では上手くノルマを達成できなかったのです。そういった失敗が続くと収入も減ります。当然のように、借金は返す時期が遅くなるとリスクが高くなります。私はより必死になって仕事を頑張りました。

借金返済で助かったのが自分が真面目に働けたことです。途中で諦めないで仕事を続けて正解だと思いました。なぜなら、その稼ぎで上手く借金返済ができるようになったためです。最初は失敗しましたが継続すればお金になります。私が学んだのは正しい方法でお金を稼ぐことです。そして、自分から努力していけば絶対に借金返済できると感じました。

借金を減額させることも大切です。自分だけで悩んでいても大変ですからね。借金減額の方法は調べておく必要がありますね。

今では借金返済のストレスからも解放されて自由に生活しています。借金返済して思ったのが体が楽になったことです。お金に縛られない生活というのは本当に気分が良いです。これからは様々な借金をしないように生活したいです。

借金450万円を踏み倒した

私は数年前に自己破産をしてとても後悔しています。自己破産をしたこと自体も公開していますが、なんでそんなになるまで借り続けたんだろうという事を一番後悔しています。

早めに誰かに相談すればもっと金額は少ないうちにどうにか出来たのに、借金の総額が450万円になるまで誰にも打ち明ける事が出来ずにその450万円全てを踏み倒した事になります。当然450万円もの借金があれば毎月の返済は20万近くにいたっていました。

給料のほとんどを返済に充てるという事は生活するすべがありませんでした。そうして調べた結果弁護士に相談に行きましたが、多額の費用がかかるため自分で自己破産の手続きを行うことにしました。裁判所で指示されたとおり教えてもらった通り書類を全て書きましたが、何度も何度も書き直しをするように裁判所に呼ばれました。その間の精神的な疲労は想像以上ののものでした。

しかしそれも全て自分がまいた種なので、仕方ないと思い最後まで自分でやりました。最初の手続き開始から約2カ月間、何度も裁判所に足を運び支持された書類を集め、必要書類の記入などかなりの時間を費やしましたが無事に免責が降りました。免責がおりるという事は借金がすべてなくなったので気持ち的には楽になりました。しかし10年間ぐらいはお金を借りることなく生活しないといけないと思うと、その不安も同時に出て来ました。

親の借金を返していました

私の親は私が18歳の時に離婚し、私と弟は母へ付いていきました。

ただその時に、父親が借金をしていることが分かったのですが、誰かに入れ知恵をされたのかその借金は母が返す羽目になってしまいました。

弁護士まで雇い、すべてを母のほうへ押し付けたのです。

もちろん、パートの仕事だけやっていた母の収入だけでは返せない金額だったためすでに就職していた私も返済を手伝っていました。

とにかく辛かったのは、返済金が大きかったため日々の生活のほうに支障が出ていたことです。

弟は高校生だったため、学費は私が払ってました。正直、私の給料の三分の二は返済と学費などで飛んでいきました。遊ぶこともできず、返済のため、弟のために働いていた感じです。自分のことは二の次で、楽しかった思い出もありません。

たまに返済が遅れたりすると、私の職場にまで取り立ての電話がかかってきたりしてましたので、職場にも迷惑がかかりましたし本当に精神的にきつかったです。

取り立ててって、こちらの事情など全く関係なく連絡してきますから。

ただ救いだったのは、そういった事情があっても職場の人たちはみんな優しくしてくれましたし、野菜をくれたり食事に連れて行ってくれたりしましたので、本当に助かりました。

約12年かけて返済は全て終わらせました。本当に辛かったですが、返済をしてきたことで人間としては一回りも二回りも成長できたと思っています。

借り過ぎは、後が大変です。利用は計画的にしましょう。

私が初めて消費者金融からお金を借りたのは、24歳の時です。今から6年前ですね。若かったから仕方がないでしょうが、車の自損事故で、電柱にぶつけて田んぼに落っこちて、田んぼの中で寝ていました。幸い私一人でしたので(同乗者はいませんでした)けが人もなく済んだのですが。

残業、残業で疲れ果てていたようです。

あくる日、後始末が大変で、車の引き上げに業者さんに助けてもらったのと、田んぼの持ち主にお詫びがてらに、いくらか包んでお詫び致しました。電柱の傷は、ほとんど、どうもなかったので連絡していませんが問題ないと思います。

あれやこれやで、結局15万円ぐらいは必要になりました。

それで、とりあえずお金が必要になりましたので、どうにかしないといけないですけど、そこで消費者金融のアイフルに借りたわけです。どこの金融機関がいいかなどをまるで考えませんでした。とりあえずテレビCMでよく知っているところに借りに行きました。

初めての借入のだったので、簡単に貸していただけたので、ありがたく思っています。

しかし、それ以来、借りるのが簡単なのでまた借り手を繰り返すようになり、あっという間に限度額の50万までいってしまいました。

今では、質素な生活をしながら、返済していますが未だに返却中です。借金は計画的に行わないと、後が大変だということが、十分にわかりました。

借金は「返すもの」です

借金の話は、いろいろありますね。

どうして借金ができたのか?
どうして返すことができたのか?
あるいは、どうして返すことができなかったのか?
本当に人によって、様々です。

個人事業を営んでいる人が、仕入れたものの代金を払えなくなって、少しずつ返していくという方法を取る人がいます。
これも、ひとつの「借金」ですね。

知人が、貸す方の立場だったのですが、なかなか返済が進まないことに、少々腹を立てていました。
というのも、月の返済額があまりにも少なかったからです。

本当に申し訳ないという気持ちがあれば、多少のムリをしてでも返すはずです。
がんばっているということがわかれば「もう少しゆっくりでいいよ」と声をかけるつもりでいたらしいのですが、そんな誠実な態度はみじんもなかった、ということでした。

月々の返済が少ないということは、当たり前ですが、返し終わるまでに時間がかかります。
何年先になるかわからないということは、途中で返すことができなくなる、逃げる可能性もあるわけですから、貸した方がピリピリするのも当然のことでしょう。
借りた人が、どう考えているのかはわかりません。
でも、お金を借りたまま、生活を切り詰めるわけでもなく、収入を増やす努力をするわけでもないとしたら、信用を失ったとしても仕方のないことでしょう。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.