親の借金を返していました

私の親は私が18歳の時に離婚し、私と弟は母へ付いていきました。

ただその時に、父親が借金をしていることが分かったのですが、誰かに入れ知恵をされたのかその借金は母が返す羽目になってしまいました。

弁護士まで雇い、すべてを母のほうへ押し付けたのです。

もちろん、パートの仕事だけやっていた母の収入だけでは返せない金額だったためすでに就職していた私も返済を手伝っていました。

とにかく辛かったのは、返済金が大きかったため日々の生活のほうに支障が出ていたことです。

弟は高校生だったため、学費は私が払ってました。正直、私の給料の三分の二は返済と学費などで飛んでいきました。遊ぶこともできず、返済のため、弟のために働いていた感じです。自分のことは二の次で、楽しかった思い出もありません。

たまに返済が遅れたりすると、私の職場にまで取り立ての電話がかかってきたりしてましたので、職場にも迷惑がかかりましたし本当に精神的にきつかったです。

取り立ててって、こちらの事情など全く関係なく連絡してきますから。

ただ救いだったのは、そういった事情があっても職場の人たちはみんな優しくしてくれましたし、野菜をくれたり食事に連れて行ってくれたりしましたので、本当に助かりました。

約12年かけて返済は全て終わらせました。本当に辛かったですが、返済をしてきたことで人間としては一回りも二回りも成長できたと思っています。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.