借金450万円を踏み倒した

私は数年前に自己破産をしてとても後悔しています。自己破産をしたこと自体も公開していますが、なんでそんなになるまで借り続けたんだろうという事を一番後悔しています。

早めに誰かに相談すればもっと金額は少ないうちにどうにか出来たのに、借金の総額が450万円になるまで誰にも打ち明ける事が出来ずにその450万円全てを踏み倒した事になります。当然450万円もの借金があれば毎月の返済は20万近くにいたっていました。

給料のほとんどを返済に充てるという事は生活するすべがありませんでした。そうして調べた結果弁護士に相談に行きましたが、多額の費用がかかるため自分で自己破産の手続きを行うことにしました。裁判所で指示されたとおり教えてもらった通り書類を全て書きましたが、何度も何度も書き直しをするように裁判所に呼ばれました。その間の精神的な疲労は想像以上ののものでした。

しかしそれも全て自分がまいた種なので、仕方ないと思い最後まで自分でやりました。最初の手続き開始から約2カ月間、何度も裁判所に足を運び支持された書類を集め、必要書類の記入などかなりの時間を費やしましたが無事に免責が降りました。免責がおりるという事は借金がすべてなくなったので気持ち的には楽になりました。しかし10年間ぐらいはお金を借りることなく生活しないといけないと思うと、その不安も同時に出て来ました。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.